まずは基本から!

株式や為替、またはオプションなどの取引において取引手法を確立することは重要なことです。

それは、取引がうまくいくかいかないかのポイントになってきますので

まずは基本的な取引の仕方を把握しておく必要があります。

まず、株式や為替のチャートを見るとわかりますが

現在値、つまりレートというものは毎秒ごとに変わっていきます。

このレートの変動を利用して利益を上げる方法が順張り、逆張りと言われるものです。

順張りとは?

順張りとは、レートが動いている方向に従って買いや売りを行う方法です。

例えば、為替の場合はドル円がドル高に傾いている時には買いのポジション取っていきます。

逆に下がっている場合は売りポジションを取っていくという風に

為替レートが動いている方向に向けて買いか売りかを決めていくわけです。

この時注意しなければならないのは、必ず上がっているか下がっているかのどちらに向かっているかの見極めが必要だということです。

ここで順張りを行う方向を間違えてしまいますと、含み損が膨らんでしまいますから取引を行う前に必ず方向性を確認しましょう。

逆張りとは?

一方、逆張りとは相場の方向性の反対にポジションを取ることを指します。

この場合は、ドル円が上がっている時に買うのではなく、逆に売りポジションを持つことを言います。

この逆張りは一見、相場の動きと反対方向のポジションを持つわけですから

一瞬で含み損になってしまって不合理なようにも見えますがこれもまた相場の変動を見越した取引手法だと言えます。

というのは、逆張りは相場が一定方向に動くだけではなく、ある時点で必ず反対方向に動き出すことを見越したポジションの取り方だからです。

つまり、ここで逆張りのポジションを取ったとしても

いずれ相場が逆方向に働いて必ず取引レートに戻ってくるのみならず

利益も出せると予測した手法なわけです。

こうした逆張りを行う際の注意点は、ある程度相場が上がりすぎている段階で売りポジションを持つことが大切です。

上がりきっていない時点で逆張りを行いますと

この先もしばらくレートが上がり続けてしまいロスカットされる場合もあります。

総合判断が大事!

一番いいのは、過去の最高値や最安値をチェックして、ポジションを取るタイミングを見計らうことです。

これは順張りにも逆張りにも応用できるコツですから相場の動きが変わる地点を見極めることが肝心になります。

そうすれば、順張りと逆張りを取引に活かすことができます。