静止画と対象的なもの

動画とは静止画と対比して考えるとわかりやすくでしょう。

静止画が動かない画像なのに対して

動くように静止画を重ねて時間の概念を加えたのが動画です。

静止画を一枚一枚見ていくと時間がかかりますから

少しずつ見る画像に変化を加えるとそれが動いて見えるというものです。

今回はそんな動画についてご紹介しましょう。

目の錯覚を利用したもの★

動画というのは目の錯覚を利用して

動いているように見せているのかもしれません!

このシステムが理解できるようになると

編集というモノや加工というモノが分かります☆

動画の加工や編集は実は静止画を加工したり編集してるもので

それを集めてパラパラ漫画のようなイメージで一気に

見ると動きのあるものとして認識されるでしょう(^o^)

動画の編集は静止画でできるといえるのですよ◎

静止画に時間という次元を加えたものが動画と

いう事になるのかもしれません!

データを少なくするためには◎

動画を作るときに画像を重ねていくときには

コストパフォーマンスを考えて重ねていく必要があります☆

というのが人の目というのはどこまでも細かいところを

認識できるというわけではなく

限界があるのでその限界を超えて細かい枚数にしても

全く意味がないかもしれませんね(^^)

一秒間にいくらの枚数の画像を表示するのかは表示するもの

によっても変わってきます☆

アニメのようにかなり大雑把なものであれば

一秒間に15枚ぐらいでいいかもしれませんが

景色の映像のような綺麗さや緻密さが要求されると

1秒間に30枚というように多くの枚数にすることもあるでしょうね〜

綺麗さを追求すると枚数は多いほどいいわけですが

そうなるとデータ量は飛躍的に大きくなりますから

必要ないところまで綺麗さを要求する必要はなく

どの辺りで作成するのかは経験則によって決まってくるところがあります☆

人の目というのはそれほど万能ではありませんから

人の目をごまかすことができればいいわけで

そういった意味では動画はさまざまなごまかしがあるものかもしれません!

作るときには専用ソフトで★

動画は静止画を重ねていくので静止画でも同じ部分はデータから

省くというような事もしてデータを軽くするという事も考えられるでしょう〜

そうしなければデータ量が多いと作業時間も長くなりますし

データの転送時間も長くなり全ての作業に支障が出てくるので

データをいかに小さく作るのかも技術者のテクニック次第です(^O^)

動画を作るときには専用ソフトを使用しましょう。

Wondershare Filmoraが一定期間無料で使用でき

公式ホームページからダウンロードできますよ☆

Wondershare Filmora のホームページはこちらから!