時間帯別に特徴がある!

為替のトレードは週末を除いて24時間にわたってトレードができることで知られていますが

どの時間帯でも同じような値動きをするわけではありません。

為替市場は電子市場であるため特定の立会場があるわけではないものの

一日の時間帯によって便宜上の市場が分けられています。

日本時間に換算すると、午前8時から午後6時までの東京市場と午後4時から翌日の午前3時までのロンドン市場、そして午後9時から翌日の午前7時までのニューヨーク市場がメインの市場です。

ほかにもオーストラリア市場やシンガポール市場という時間帯がありますが

特に取引高が多いのが東京とロンドンとニューヨークの各市場であるため

主要な市場として重要視されています。

自分に合う市場を探す!

為替トレードを行うときは、これらの市場でどう立ち振る舞うのかを考えることが大切です。

市場は24時間にわたって開き続けていても、トレーダーは24時間トレードし続けることはできないからです。

また、値動きが合わない市場で無理にトレードをすると損失が増えることも考えられます。

そのため、トレードをする時間帯を絞ることで効率性を高めることが求められるのです。
どの時間帯にトレードするべきなのかを考える際は

市場ごとの特徴を知って自分のトレーディングスタイルに合うかどうかを検証します。

たとえば、東京市場は全体的な値動きは大きくないもののドル円については活発に取引されるためドル円をメインにトレードする場合に向いている市場だと言えます。

逆に、ロンドン市場とニューヨーク市場が重なる日本時間の午後9時から翌日の午前3時までは一日の中で最も取引高が多く、値動きも激しい時間帯です。

そのためデイトレードなど売買頻度が高いトレーディングスタイルである場合に向いているのです。

こういった市場ごとの特性を知り、自分がより多くの利益を出せる時間帯を探すと効率よくトレードを行うことが可能になります。

私はこうした!

私は以前、取引が活発な時間帯を狙うため日付が変わる頃から3時間程度のトレードをしていました。

この時間帯はロンドン市場とニューヨーク市場での取引に追従することが肝心なため

ポンドドルやポンド円を積極的にトレードしていたのです。

しかし、ポンドは値動きの幅が広いためレンジの予測ができず、うまく利益を出せないでいました。

そこで、この時間帯は全体的に取引量が多いことを鑑みてユーロ円を中心にトレードすることにしたのです。すると、値動きと私のトレーディングスタイルが合致し、短時間でも十分な利益を上げられるようになりました。